So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しい労働の毎日でへろへろ [ペットとの日々]

アロマ112007s.jpg
椅子の上のアロマ.シジミが上から覗き込んでいる.

ジャム1127.jpg
新入りのジャム.前足の親指がとれて痛々しい.

lila1129.jpg
工房で生活することになって3日目のリラ.痩せてヤギのように見える.

大学の構内で捨てられていた子猫のアロマちゃんを一時預かりしたのは11月の初めだったろうか.アロマの由来はウン×をいたるところでするためつけたちょっと自虐的な名前です.色もさび色と黒の縞でお世辞にも一般受けしそうもありません.おまけに,ネコ疥癬にかかっているし,眼もウイルス性の何かでうるうる,それをシジミが”ちょっと揉んでやるか”と転がしたり追いかけたりでこちらは起床と同時にケアの開始です.アロマの病気が良くなったとたん,シジミとの関係はまさに”トムとジェリー”状態,究極の友達を里親会に出すには後ろ髪を引かれる思いでした.でも,たぶん引き取られないだろうなという楽観も有ったのですが,なんと第一回で里親が決定!聴けば里親さんはちょうど同じような模様の3ヶ月の子猫を医療事故で亡くされた直後とか.絶望の淵にあったその飼い主さんには亡くなった子猫との再会のように見えたことでしょう.よかったね,アロマちゃん.
 ということでちょっぴりほろ苦い別れの気分を味わっていた時に,またもや3ヶ月の子猫ちゃんがころがり込んできました.捨猫で寒かったのか車のエンジンルームの中に入り,指を切断してしまったそうです.動物センターで治療を受けていたのですが,このままでは”処分”は避けられないということで,僕がレスキューすることにしました.名前はジャム,おとなしくてめげない男の子です.そうこうするうちに,ボルゾイのリラを引き取ることになったことは前回の日記に書きました.リラが来るのは26日ということで,急いで居所を作ることになったのですが,この忙しさにはちょっと参りました.マイミクのケンさんに失礼を覚悟で泣きついたところ,二つ返事で来ていただけることになりました.なぜ失礼かと言うと,この前に工房のペンキ塗りに3回も来て頂いているからです.それこそ日の出から日没まで休み無い仕事で,土方仕事に慣れないひとには苦痛以外何ものでもありません.黙々と仕事に熱中するケンさんには頭が下がりました.そして24日のリラの工事です.おかげさまで小屋の壁の工事は大幅に進みました.
 でも何と,別の庭の工事が26日から始まってしまいました.リラの小屋は完成には至らず,おかげでリラは家の中や庭でおおはしゃぎです.
今日日没前に小屋はほぼ仕上がったのですが,さすがに足が上がらないほどへろへろに疲れました.楽しいけど,ちょっとやり過ぎなこの生活はいつまで続くのか,そろそろ頭を使う仕事に戻ろうかな.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ボルゾイのその後 [ペットとの日々]

翌日歯磨き用を兼ねたタンパク質スティックを持参して,またボルゾイの様子を見に行くことにしました.というのは歯がかなり黄色くなっていて,お産の後のカルシウム不足も重なって虫歯が気になったからです.どうも様子から高齢にさしかかったような印象で,持病が無いかもひっかかりました.病気持ちだから引き取らないというわけではなく,逆に病気ならなおさら引き取るつもりだったからです.
 コロが春に亡くなって,もう金輪際ワンと暮すのは止めようと決意したわりには懲りていない,というのか馬鹿ですね.
 店員の話では歳は予想通りもう6歳だそうです.ボルゾイの平均寿命がどれぐらいかは知らないのですが,大型犬では12歳ぐらいではないでしょうか.とするともうシニアの仲間入りで,オーナーの視点から見ても潮時という気もします.横を見るとボルゾイはスティックにすっかり夢中です.工房の仕事が有るので,オーナーへの連絡を再度お願いして店を出ました.
 それから何度か電話がオーナーから有ったようですが,生憎仕事中ですれちがいが続きました.しかし,こちらから店員に連絡したところではオーナーも僕に渡すことを決めたようです.赤ちゃん達の授乳が終わり,母親としての無理の無い別れの時期がきた時におそらく僕との生活が始まるでしょう.
 目下名前をどうしようか思案中ですが,店員は”ボルちゃん”とか呼んでいて,これは論外!ボルゾイというのは俊敏という意味ですから,早く動くイメージで風に乗って流れるリラ琴の調べということで”リラ(Lyre)”ではどうなんだろう.カタカナのリラにはライラックの意味もあるし,薄い藤色ではないけど白系の毛並みではあるし・・.
 とはいっても,オオカミの狩りに使われたくらいだから本当は激しいところもあるに違いありません.今日僕の不注意で指先を深く咬まれてしまいました.口から落としたガム棒を拾おうとした僕の手をじゃまだと思ったらしいのですが,鋭い犬歯はナイフのようだと認識を新たにしました.まあ食事中手を出すなど論外,彼らにとっては真剣勝負でしょう.それとオオカミ狩りといっても,ねじふせたオオカミは再び野に放したことも付け加えておかないと.
 工房を急いで改築してリラの新居も用意しなくてはいけないし,一体何しているんだろうと思うくらいこのところ土方生活が続いています.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

店頭のボルゾイ [ペットとの日々]

トルストイの「戦争と平和」にナターシャ達が狩りに興ずる場面が出てきます.沢山の勢子と共に狩り犬達が獲物をおいつめる役割を演ずるのですが,その貴族達の友人がボルソイでした.遊興にうつつをぬかす貴族とその良き友人であるボルゾイという組合わせは,ロシア革命成功後,ボルゾイに悲劇をもたらしました.根こそぎ殺しつくすという惨劇を止めるものもなく,ボルゾイはこの地上から消滅する危機に瀕したのです.が,幸いなことにこの”地上で最も美しい犬”はロシア以外の大地で生き延びることが出来ました.
 一度見たら忘れることの出来ない気品が(確か調布の公園で見かけたのが最初だったと思います),ボルゾイの悲劇とあいまって僕の脳裏に焼きついていたのですが,その姿をこの地方都市のペットショップで見ようとは想像もしていませんでした.
 朝工房に出かける途中に小さなペット・ショップが有って,そこに何やら疲れ果てたような痩せた大きなイヌが曳かれて行くのです.とてもボルゾイとは思えないような悄然とした様子ですが,いくぶん猫背の中に漂う気品はボルゾイ以外考えられません.一日中そのことが気になっって頭を離れず,結局帰宅の途中で事情を聞くことに決めました.
 ペット・ショップのガラス戸を開けると中は4畳半か6畳程度,そこにまぎれもないボルゾイが生まれたばかりの6匹の子供達と金属製のサークルの中に立っていました.親切そうな店員が応対に出てきて,あれこれ話す内に事情が分かって来たのですが,どうやらこの母親のボルゾイは子犬を供給するために飼われているようです.今回が2回目の出産とか,”女性は産む機械”とか放言した政治家の冷言が頭をよぎりました.”狭い環境ではなく,広いところでこの母親のボルゾイを生きさせてあげたい,僕の敷地が広いとは言えないが走り回るだけの広場はある,ブリーダーの都合も考慮してなにがしかで譲っていただけないか”と言ったことを伝えてこの日は店を後にしました.人懐こいボルゾイの澄んだ瞳と,柔和な表情が柔らかな毛の感触と共に忘れられません.
 どうなることかブリーダー次第ですが,これからが有る子犬達はともかく母親だけはなんとか有り金をはたいて一緒に家に帰りたいと願っているのですが・・.


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。